スポンサードリンク

アスタキサンチンの効果カテゴリの記事一覧

アスタキサンチンの効果

 アスタキサンチンは、 生物の体内に発生する活性酸素を抑制する抗酸化力に優れており、その効果はなんと、ビタミンEの約550〜1000倍と言われ桁違いです。
 アスタキンサンのことを「史上最強のカロチノイド」と言われるのもうなづけます。

 アスタキサンチンは血中脂質の活性酸素を抑え、血管を若々しく保っってくれたり、免疫細胞を活性酸素から守ることで免疫力を高めてくれる効果があります。
 またアスタキサンチンがガンの増殖を抑制する働きも持っています。
 更に、アスタキサンチンは脳関門を通過することができるため、目の病変の予防と治療に効果があると言われています。

 アスタキサンチンは、活性酵素の中でも特に毒性の強いと言われている「一重項酸素」の酸化反応と、体の組織を連鎖的に障害していく「過酸化脂質」の生成を抑制する効果が強いことが判明しています。
 一重項酸素酸化に対するアスタキサンチンの抑制効果は、ビタミンEの100倍以上、ベータカロチンの10倍以上とのことです。

 このようなアスタキサンチンの効果から、最近では、サプリメントやコスメ(化粧品)がいろいろ出てきてます。
 アスタキサンチンのいろいろな効果を考えると、今後多方面で役立つことが期待されます。

アスタキサンチンの効果的な摂取

 アスタキサンンチンに限ったことでもないのですが、栄養補助食品は効果的な摂取に心掛けるべきです。
 アスタキサンンチンの摂取量が多ければ多いほど良いなんてことはなく、適量を摂取することが一番効果的です。

 アスタキサンチンの効果的な摂取で、健康的な体を取り戻しましょう。

■アスタキサンチンの効果的な摂取量

 生活習慣病の予防に於いては、アスタキサンチンの効果的な摂取量は、1日2〜4mgです。
 これだけのアスタキサンチンで、LDLコレステロールの酸化、眼精疲労、しみ・しわ、糖尿病などを予防・抑制してくれますし、ストレスによる活性酸素を消去してくれます。

■アスタキサンチンの効果的な摂取タイミング

 アスタキサンチンの効果的な摂取は、食後です。
 と言うのも、アスタキサンチンは脂溶性の成分なので、食後に摂取することで食べ物の脂分に溶け込み、より体内に吸収され易くなるからです。
 また、食後にアスタキサンチンを摂取するにしても、1日の活動に備えた朝食の後にアスタキサンチンを摂取すれば最も効果的です。
■アスタキサンチンのパワーアップ方法

 アスタキサンチンとビタミンCを一緒に摂取すれば、ビタミンCがアスタキサンチンをパワーアップさせてくれるのでお勧めです。

 アスタキサンチンは、細胞内に約48時間とどまり活性酸素を消去するのですが、アスタキサンチン自身は酸化され、働きが衰えてしまいます。
 でも、ビタミンCはそんな衰えたアスタキサンチンを回復してくれます。