スポンサードリンク

アスタキサンチンについてカテゴリの記事一覧

アスタキサンチンとは

 アスタキサンチンを知っていますか。最近の健康食品ブームで聞き慣れていないカタカナ名称を良く聞きます。
 このサイトで紹介するアスタキサンチンは、名称を覚えたつもりでも、私なんかはすぐ「何だっけ」となってしまいます。
 この覚え難いアスタキサンチンは、今最も注目されている天然の抗酸化物質なので、ちゃんと呼び方を覚えておかないと恥をかくかもしれませんよ。
 アスタキサンチンは、コエンザイムに続く健康食品と言って良いのでないでしょうか。

 アスタキサンチンは、鮭、鯛、イクラ、エビやカニなどの甲殻類に見られるように、主に海に分布する赤橙色の色素(カロチノイド系色素の一つ)です。

 鮭は、ご存知のように激流の川を命がけでさかのぼって産卵します。あのパワーの秘密は、サーモンピンクにあると言われています。
 鮭やマスは、本来は白身の魚でしたが、海のオキアミやサクラエビなどを食べるうちにアスタキサンチンを蓄積し、赤身の魚になったと考えられています。
 鮭の川登りは、ハードな運動と強烈な紫外線のために、サケの体内には大量の活性酸素が発生します。これらの活性酸素から身を守り無事に卵を産むことができるのは、体に蓄えたアスタキサンチンによって疲労回復できるからです。

 アスタキサンチンは、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれるβカロチン(ベータカロテン)と同じくカロチノイド系色素の一つです。
 ただ、他のカロチノイド系色素と違うところは、自らの化学構造を変化することなく活性酸素を元の酸素に戻すことができるので、強力で安全な天然の抗酸化物質と言えるのがアスタキサンチンなのです。