スポンサードリンク

アスタキサンチンの効果

 アスタキサンチンは、 生物の体内に発生する活性酸素を抑制する抗酸化力に優れており、その効果はなんと、ビタミンEの約550〜1000倍と言われ桁違いです。
 アスタキンサンのことを「史上最強のカロチノイド」と言われるのもうなづけます。

 アスタキサンチンは血中脂質の活性酸素を抑え、血管を若々しく保っってくれたり、免疫細胞を活性酸素から守ることで免疫力を高めてくれる効果があります。
 またアスタキサンチンがガンの増殖を抑制する働きも持っています。
 更に、アスタキサンチンは脳関門を通過することができるため、目の病変の予防と治療に効果があると言われています。

 アスタキサンチンは、活性酵素の中でも特に毒性の強いと言われている「一重項酸素」の酸化反応と、体の組織を連鎖的に障害していく「過酸化脂質」の生成を抑制する効果が強いことが判明しています。
 一重項酸素酸化に対するアスタキサンチンの抑制効果は、ビタミンEの100倍以上、ベータカロチンの10倍以上とのことです。

 このようなアスタキサンチンの効果から、最近では、サプリメントやコスメ(化粧品)がいろいろ出てきてます。
 アスタキサンチンのいろいろな効果を考えると、今後多方面で役立つことが期待されます。